結婚相談・相続相談のお問い合わせはここをクリック!

ジャニーズ性加害問題:相続税免除の裏にある『ジュリー氏代表取締役残留』の真相と批判の声の理由を分かりやすく解説

ジャニーズ性加害問題:相続税免除の裏にある『ジュリー氏代表取締役残留』の真相と批判の声の理由を分かりやすく解説

 こんばんは、シャルル株式会社です。
 下記のニュースについて、分かりやすく説明しようと思います。
 《ジャニーズ性加害問題》ジュリー氏「代表取締役残留」は相続税支払い免除のためだった 国税庁関係者は「被害者やファンを馬鹿にした話」

 このニュースは、ジャニーズ事務所の創業者であるジャニー氏が亡くなり、その後事務所の経営が引き継がれる中で起きた相続税に関する問題について述べられています。
 ジャニーズ事務所は、ジャニー氏とメリー氏がそれぞれ50%ずつの株を持っていました。
 しかし、メリー氏が亡くなった後、その株はジュリー氏に渡り、彼女は全株を所有することになりました。
 相続税は、財産を受け継いだ際にかかる税金であり、この場合、ジュリー氏が相続した株には膨大な相続税がかかる見込みでした。
 しかし、ジュリー氏は「事業承継税制」という特例措置を利用し、この相続税を支払うことなく免除されました。
 「事業承継税制」とは、中小企業の事業を後継者に引き継ぐ際にかかる相続税や贈与税を猶予し、実質的にゼロにする制度です。
 ただし、この特例を受けるためには、5年間代表取締役を務める必要があります。
 ジャニーズ事務所は、この特例を利用するためにジュリー氏が代表取締役の座に留まることが必要であったため、悪い言い方をすれば、彼女は代表取締役としての地位に居座っているのです。
 この特例措置は、後継者が事業を引き継ぐために最低5年の準備期間が必要とされることから、5年間の代表取締役の在任が条件となっています。
 こういったことから、国税庁関係者は、ジャニーズ事務所がこの制度を利用していることについて、「被害者やファンを馬鹿にした話」と批判しています。
 もしジュリー氏が代表取締役を辞任していた場合、特例措置の認定が取り消され、それまで猶予されていた相続税を利子を加えて支払わなければなりませんでした。
 結局、ジュリー氏が代表取締役に留まる最大の理由は、相続税を回避するためであり、そのため彼女は2025年5月までこの地位に留まるつもりであると考えられています。
 ただし、事業承継税制を利用すること自体は違法ではありません。
 しかし、この問題についてはきちんと会見で説明すべきであり、税逃れを隠して被害者への補償・救済へと目的をすり替えるのは、悪質な手口と言わざるを得ません。
 
 以上がニュースの解説になります。
 ご理解いただけましたでしょうか?
 もしご理解いただけなかった場合や、さらに疑問点が出てきた場合は、お気軽にこちらのお問い合わせフォームよりお問い合わせいただければと思います。
 誠意を持って回答させていただきます。

 引き続き、シャルル株式会社をよろしくお願い申し上げます。

お知らせ情報カテゴリの最新記事