結婚相談・相続相談のお問い合わせはここをクリック!

中国異例のデフレ:建設ブームがもたらした経済の波乱

中国異例のデフレ:建設ブームがもたらした経済の波乱

 こんばんは、シャルル株式会社です。
 世界各国がインフレに直面している中、中国だけが逆風となるデフレ現象に見舞われています。
 その背景には、リーマンショック時に日本やアメリカ、ヨーロッパが大規模な金融緩和政策を実施した一方で、中国だけが異例の戦略に取り組んだことが挙げられます。
 その戦略とは、ひたすらマンションを建設し続けることでした。
 当時、中国は他のどの国よりも突出して多くのマンションを建設していたことが特筆されます。
 他の国では当時マンションを建設する戦略を取った国は一つもありませんでした。
 この建設ブームは、国有銀行が建設業に莫大な融資を行い、建設企業が巨額の負債(不良債権)を抱える状態を招きました。
 不良債権を処理するには金利を下げる必要があるため、中国経済はデフレに陥りました。
 さらに、報道されている通り、マンション市場は暴落し、多くの企業が倒産しました。
 この連鎖的な経済崩壊が、中国の現在の状況につながっているのです。
 また、他国では不動産に関連する資金の割合が通常2割程度であるのに対し、中国は驚くべき3割にも及ぶことが判明しています。
 この高い比率は、中国経済にとって不動産市場の重要性を示していますが、同時に経済の安定性を脅かすリスクも高めています。
 これらの要因から、世界中どこを見渡しても、中国だけがデフレ状態にあることがわかります。
 世界的なインフレの潮流とは対照的な現象は、中国の経済が特異な状況にあることを示唆しています。
 こうした異常な経済状況を解明し、今後の展望を見据えるためには、専門家や経済関係者の知見が必要不可欠です。
 弊社は経済に精通した相続終活専門士を擁し、中国の経済問題に関する包括的な分析やアドバイスができます。
 もし、あなた様が中国経済の現状についての疑問や懸念を抱えていらっしゃる場合は、ぜひ弊社にこちらのお問い合わせフォームよりお問い合わせいただければと思います。
 豊富な経験と知識を活かし、あなた様のニーズに適した解決策をご提供いたします。
 お気軽にご連絡ください。
 もしかすると、中長期的に見ると、日本株が上がっていく方向になるかもしれません。
 ※中国がダメになり、ヨーロッパは既にダメで、アメリカは脱ドル化が進んでいる影響で今後ダメになり、残っているのは、グローバルサウスと日本だけかもしれません。

 引き続き、シャルル株式会社をよろしくお願い申し上げます。

お知らせ情報カテゴリの最新記事