結婚相談・相続相談のお問い合わせはここをクリック!

新NISAとiDeCoの比較と最適な選択を初心者に分かりやすく解説!

新NISAとiDeCoの比較と最適な選択を初心者に分かりやすく解説!

 こんばんは、シャルル株式会社です。
 2024年からNISAの制度が変わります。
 本コラムでは初心者の方にも分かりやすく新NISAとiDeCoについて説明いたします。

新旧 NISA について

 投資を通じた資産形成において、税制面でのメリットを追求する方々にとって、NISA(少額投資非課税制度)は注目の的です。
 NISAは、運用益や売却益に税優遇があるため、将来の生活設計において強力な味方となります。
 現行制度は2014年に始まり、2022年12月に政府の大幅な拡充が決まり、2024年1月に実施されます。
 ここでは、「新NISA」「旧NISA」の違いを詳しく解説し、投資を検討されている方に向けた重要なポイントをご紹介いたします。
 現行制度と新制度の大きな違いは、「新NISA」が非課税期間を無期限に拡大する点です。
 これにより、将来のリタイアメントや資産運用において、より柔軟な戦略が可能となります。
 また、「成長投資枠」「つみたて投資枠」の名称変更や年間投資枠の増加、非課税枠の再利用が可能になるなど、投資家にとって利便性が向上します。

NISAの基礎知識

 NISAは、「一般NISA」「つみたてNISA」の2つの種類があり、それぞれ異なる特徴を持っています。
 一般NISAは株式や投資信託などが対象で、年間投資枠は120万円です。
 一方、つみたてNISAは毎月一定額の投資信託を買う形態で、年間投資枠は40万円です。
 投資を始めるには、銀行か証券会社にNISA口座を開設する必要があります。
 銀行では投資信託のみ、証券会社では株式なども取引可能です。

メリットとリスク

 NISAの最大のメリットは、運用益や売却益に対する税金優遇です。
 例えば、通常の投資ではかかる20.315%の税金がNISAでは免除され、将来の資産形成において大きな優位性を発揮します。
 ただし、株価の変動により損失が生じる可能性もあります。
 現行制度では非課税期間に制限がありますが、新NISAでは非課税期間が無期限となり、柔軟な戦略が可能です。

新NISAとiDeCoの比較

 新NISAiDeCoは、将来の資産形成やリタイアメントを目指す際に検討される制度です。
 新NISAは非課税期間が無期限で、成長投資枠とつみたて投資枠の併用が可能です。
 一方で、iDeCoは年金制度であり、運用益が非課税となりながらも、60歳まで引き出すことができません。
 若い世代にはiDeCoが注目されていますが、将来の資金ニーズに柔軟に対応できる新NISAも有力な選択肢です。

適切な資産配分の重要性

 投資を通じた資産形成においては、適切な資産配分が重要です。
 リタイアメントを控えた60代や70代は、配当金を目的とした戦略が有益です。
 例えば、400万円のNISAを活用し、年3%の利回りを得ることで、25年間で元本と同額の非課税収入を期待できます。
 このような戦略は、老後の生活設計を安定化させる一助となります。

シャルル株式会社の相続相談

 資産の遺産相続に関するお悩みやご相談がございましたら、シャルル株式会社がお手伝いいたします。
 弊社の相続コーディネータが的確かつ丁寧にアドバイスし、あなた様のご要望に合わせた最適な解決策を提案いたします。
 将来に安心感を持ちながら、賢い相続対策を考えてみませんか?
 下記のお問い合わせフォームより、お問い合わせを心よりお待ちしております。

 引き続き、シャルル株式会社をよろしくお願い申し上げます。

    ■お名前(必須)

    ■メールアドレス(必須)

    ■電話番号(必須)

    ■ご用件(必須)









    ■ご希望の日時(必須)
    オンラインでのご相談・セミナー、お電話しても良い日時をお選びください。

     ●第1希望

     ●第2希望

     ●第3希望

    ■お問い合わせ内容(必須)
     お悩みごとやお困りごとをご入力ください。

    お知らせ情報カテゴリの最新記事