結婚相談・相続相談のお問い合わせはここをクリック!

円安対策の真実!投資初心者でも安心!資産を守る新戦略!

円安対策の真実!投資初心者でも安心!資産を守る新戦略!

 こんにちは、シャルル株式会社です。
 最近、ニュースで「円安」という言葉をよく聞くことがあると思います。
 しかし、この言葉が私たちの生活にどのような影響を与えるか、そして円高・円安の実際の意味について理解している人は少ないのではないでしょうか。
 特に円安の際には、自分の資産をどのように守るかを知っておくことが大切です。
 本コラムでは、この円安について初心者にも分かりやすく解説いたします。

外国為替相場とは?

 外国為替相場とは、異なる通貨を交換したり売買したりする際の基準となる交換比率を指します。
 普段、ニュースで耳にする「円高」「円安」は、この相場での円の価値の変動を示しています。
 円高とは他通貨に比べて円の価値が高くなることを指し、逆に円安は他通貨に比べて円の価値が低くなることを示します。
 この変動は日常の買い物や投資にも影響を及ぼします。
 <円高時のメリット>
 ・輸入品が安く手に入る。
 ・輸入産業が有利になる。
 <円高時のデメリット>
 ・海外投資(外貨預金、海外株式)の価値が下がる。
 ・輸出品の価格が相対的に高くなり、輸出産業に不利になる。
 <円安時のメリット>
 ・海外投資が有利になる。
 ・輸出品の価格が相対的に安くなり、輸出産業が有利になる。
 <円安時のデメリット>
 ・輸入品が高くなる。エネルギーや食糧など輸入依存度が高いものも高騰する。
 ・輸入産業が不利になる。

円安がもたらす影響

 近年、特に注意が必要なのは円安の影響です。
 以前は円高が日本経済に打撃を与えると言われていましたが、企業が円高に備えて海外に生産拠点を移すなどの対策をとったため、今では影響は相対的に少なくなりました。
 しかし、円安には生活に直結する大きな影響があります。

円安の原因

 なぜ円安が進んでいるのでしょうか?
 その主な要因は「金利」にあります。
 日本ではアベノミクスなどにより金利が低い状態が続いており、これが円安の一因です。
 他国が金利を上げる中、日本の金利が低いため、資金が外国へと流れ、円安が進行しています。

円安の時に考えておくべきこと

 円安の際に考えておくべきことは、日本円以外の金融資産を持つことです。
 これには、以下のようなものが含まれます。
 ・日本株式
 ・米国株式
 ・投資信託
 ・外貨(米ドルなど)
 初めてでもできる円安対策として、「つみたてNISA」が挙げられます。
 これは金融庁が提供している非課税投資制度で、投資信託を通じて簡単に始めることができます。
 例えば、米国に投資すると、円安時にはその投資先の価格が上がり、資産を守る一助となります。
 ただし、投資にはリスクが伴います。
 投資先の価格が低迷すれば損失も考えられるため、注意が必要です。
 それでも、円資産だけを持つことがリスクとなる現状では、外貨や投資信託に分散させることが資産を守る一環と言えます。
 そして、これらの選択をする際には専門家のアドバイスを受けることも大切です。

シャルル株式会社との相続相談

 シャルル株式会社では、これらの経済的な変動や資産運用に関する相談も承っております。
 円安やその他の経済的な課題に対する対策やアドバイス、相続に関するトータルなサポートを提供しております。
 弊社の相続コーディネータがあなた様の状況に合わせた最適なプランをご提案し、資産を守るお手伝いをいたします。
 下記のお問い合わせフォームより、お気軽にお問い合わせいただき、弊社との相続相談を通じて、将来に備えた計画を立ててみませんか?
 あなた様の資産を守り、安心な未来への第一歩を一緒に踏み出しませんか?

 引き続き、シャルル株式会社をよろしくお願い申し上げます。

    ■お名前(必須)

    ■メールアドレス(必須)

    ■電話番号(必須)

    ■ご用件(必須)









    ■ご希望の日時(必須)
    オンラインでのご相談・セミナー、お電話しても良い日時をお選びください。

     ●第1希望

     ●第2希望

     ●第3希望

    ■お問い合わせ内容(必須)
     お悩みごとやお困りごとをご入力ください。

    お知らせ情報カテゴリの最新記事