結婚相談・相続相談のお問い合わせはここをクリック!

相続人がいない人の財産はどこに行く?

相続人がいない人の財産はどこに行く?

 こんにちは、シャルル株式会社です。
 弊社は相続相談所でもありますので、ご家族のために、遺言を書きましょう、ということを広めている会社でもあります。
 しかし、中には、自分は独身で、子どももいなくて、親も亡くなっていて、兄弟もいないから相続人なんていない、という方もいらっしゃると思います。
 相続人がいない方がもし亡くなった場合、その財産はどこに行くのでしょうか?
 答えは「国」です。
 先月、NHKのニュースで下記のような内容がありました。
 「相続人いない財産」過去最多768億円が国庫へ 昨年度
 これは、どういうニュースかと申し上げると、相続人がいない方が亡くなって、その方が何も相続対策をしていなかったために、2022年は、1年間で768億円(6,653件)もの財産が国の倉庫へ渡りました、という内容になります。
 国は、何も対策を取っていないにも関わらず、1年間で768億円も儲けているんですよ、羨ましいですよね(笑)。
 国に渡る財産は年々増えており、毎年、過去最高額を記録更新している状況です。
 国に全財産くれてやる!という方は構いませんが、そうではない人が多いと思います。
 そこで、どういう対策をしたら良いのかを説明させていただきます。

遺言を作成する!

 これがいちばん重要です!
 遺言に「全額●●へ寄付する」ですとか「全額お世話をしてくれた●●さんにあげる」という記載があれば、国に財産が渡ることはございません。
 この方法がいちばん手っ取り早いです。
 シャルル株式会社には、遺言作成サポートサービスがありますので、お気軽に遺言を作成することが可能です。
 下記にサービスの内容を説明したコラムを貼り付けておきます。
 また、興味をお持ちの方は、下記のお問い合わせフォームよりお問い合わせいただければと思います。
 あなた様からのお問い合わせを心よりお待ちしております。

 <遺言作成費用を抑える方法:弊社の110,000円ポッキリ自筆証書遺言作成サービス>

    ■お名前(必須)

    ■メールアドレス(必須)

    ■電話番号(必須)

    ■ご用件(必須)









    ■ご希望の日時(必須)
    オンラインでのご相談・セミナー、お電話しても良い日時をお選びください。

     ●第1希望

     ●第2希望

     ●第3希望

    ■お問い合わせ内容(必須)
     お悩みごとやお困りごとをご入力ください。

    結婚をする!

     これも手っ取り早い方法です!
     結婚することで配偶者という存在ができます。
     配偶者さえいらっしゃれば、遺言を作成しなくても、国に財産が渡ることはございません。
     さらに申し上げると、子どもができると最強ですよね。
     配偶者は自分よりも先に亡くなる可能性がありますが、子どもが先に亡くなる可能性は生物学的上、低いと言われていますからね。
     子どもがいれば、国に財産が渡ることはございません。
     シャルル株式会社には、結婚相談所があります。
     もし、結婚願望があって、まだ独身の方は、一度お話してみませんか?
     下記のお問い合わせフォームよりお問い合わせいただければと思います。
     あなた様からのお問い合わせを心よりお待ちしております。

      ■お名前(必須)

      ■メールアドレス(必須)

      ■電話番号(必須)

      ■ご用件(必須)






      ■ご希望の日時(必須)
       オンラインでのご相談・セミナー、お電話しても良い日時をお選びください。

       ●第1希望

       ●第2希望

       ●第3希望

      ■お問い合わせ内容(必須)
       お悩みごとやお困りごとをご入力ください。

       いかがでしたでしょうか?
       何とかしてご自身の財産を国から守りたいと考えられた方は、一度お話してみませんか?
       ぜひ、あなた様のお世話をさせていただけませんでしょうか?
       
       引き続き、シャルル株式会社をよろしくお願い申し上げます。

      お知らせ情報カテゴリの最新記事