結婚相談・人生相談のお問い合わせはここをクリック!

相続税は侮れない!遺産について知っておくべきこと

相続税は侮れない!遺産について知っておくべきこと

 遺産について考えることは、多くの人にとって難しく感じるかもしれません。
 しかし、基本を理解することで、少しでもスムーズに進めることができます。
 本コラムでは、遺産に関する基本的な知識を、初心者の方にも分かりやすく説明いたします。
 これを読むことで、遺産に関する理解が深まることを感じていただけると思います。

相続税の基礎控除とは?

 まず、相続税の基本控除について説明します。
 多くの人は、誰かが亡くなると必ず相続税を支払わなければならないと思っていますが、実際にはそうではありません。
 簡単に言うと、「基礎控除を超える遺産がある場合にのみ、10ヶ月以内に相続税を支払う必要がある」ということです。
 逆に言えば、「基礎控除を下回る遺産の場合は、相続税の申告や支払いは必要ない」ということです。

基礎控除の計算方法

 相続税の基礎控除は、「3000万円 + 600万円 × 法定相続人の数」で計算されます。
 例えば、家族構成が父、母、長男、長女の4人家族で父が亡くなった場合、法定相続人は3人となります。
 したがって、基礎控除は「3000万円 + 600万円 × 3 = 4800万円」です。

 父の遺産が4800万円以上ある場合は、10ヶ月以内に相続税の申告と支払いが必要です。
 これは遺産相続の最初のポイントとなります。
 大きな金額を税金として支払う必要があるため、相続税の申告は非常に時間と労力がかかる作業です。
 必要な書類を揃えるのにも手間がかかり、これが遺族にとって大きな障害となります。
 さらに、家族間での争いも大きな障害となることがあります。

財産の評価方法

 遺産が4800万円以上ある場合、相続税の申告と支払いが必要ですが、相続時の財産の評価方法には独自のルールがあります。
 家の不動産や現金、預金、株式、生命保険など、金銭的価値のあるものすべてが計算に含まれますが、以下の2つのポイントが重要です。

  1. 家の不動産の評価
    家の不動産は「時価(市場価格)」ではなく、「相続税評価額(路線価)」で評価されます。
    例えば、東京の土地の市場価格が100だとすると、相続税評価額は約80程度となります。
    したがって、相続税を計算する際には、家の土地の価値は市場価格の約20%減で評価されることになります。
  2. 生命保険の非課税枠
    生命保険の死亡保険金には非課税限度額があり、実際に受け取る金額よりも低く評価されます。
    死亡保険金の非課税額は「500万円 × 法定相続人の数」です。
    この場合、父が亡くなり、法定相続人が母、長男、長女の3人であるため、非課税限度額は500万円 × 3人 = 1500万円です。
    つまり、1500万円までの保険金は遺産として計算されません。

生命保険の活用

 生命保険は、特別な取り扱いを受ける唯一の金融商品ですが、この非課税枠をフルに活用していない人が意外と多いです。
 国税庁の統計によると、相続税が課される人の約70%がこの非課税枠を十分に活用していません。
 生命保険の内容をチェックし、非課税枠を最大限に活用することをお勧めします。

法定相続人の定義

 法定相続人とは、法律に基づいて遺産を相続する権利を持つ人のことです。
 基本的には以下の通りです。

  1. 配偶者:常に法定相続人となります。
  2. 子供:子供がいない場合は、代わりに孫が相続人となることがあります。
  3. 両親:子供がいない場合に限り、両親が相続人となります。
  4. 兄弟姉妹:子供も両親もいない場合に限り、兄弟姉妹が相続人となります。

 それぞれのケースにおいて、相続人の数に基づいて基本控除額が計算されます。

遺産分割の方法

 遺産の分割方法には、遺言書がある場合とない場合で異なります。
 遺言書がある場合は、遺言書の内容に従って分割されますが、遺言書がない場合は法定相続割合に基づいて分割されます。

法定相続割合

 遺言書がない場合、遺産は以下の法定相続割合に基づいて分割されます:

  1. 配偶者と子供:配偶者が1/2、子供が1/2
  2. 配偶者と両親:配偶者が2/3、両親が1/3
  3. 配偶者と兄弟姉妹:配偶者が3/4、兄弟姉妹が1/4

 この割合に基づいて遺産が分割されますが、遺産分割協議を通じて異なる割合で分割することも可能です。

遺産分割協議

 遺産分割協議とは、相続人全員で遺産の分割方法を話し合うことです。
 全員の合意が必要であり、合意が得られない場合は家庭裁判所に調停や審判を申し立てることになります。

相続税の申告と納付

 遺産が基礎控除を超える場合、相続税の申告と納付が必要です。
 以下にその手順を示します。

相続税の申告手順

  1. 財産の評価
    まず、相続財産の評価を行います。
    これには不動産、現金、預金、株式、生命保険などすべての財産が含まれます。
  2. 遺産分割協議書の作成
    相続人全員で遺産分割協議を行い、遺産分割協議書を作成します。
  3. 相続税の申告書作成
    相続税の申告書を作成します。
    この際、税理士に相談することをお勧めします。
  4. 相続税の申告と納付
    申告書を税務署に提出し、相続税を納付します。

相続税の納付方法

 相続税の納付方法には、一括納付と分割納付(延納)があります。
 延納を希望する場合は、延納の申請を行う必要があります。

まとめ

 遺産相続は複雑で時間と労力がかかる作業ですが、基本的な知識を持っていることでスムーズに進めることができます。
 また、シャルル株式会社人生相談所のような相談所に相談することで、さらに安心して遺産相続を進めることができます。
 遺産相続に関するあらゆる疑問や問題に対して、的確な助言とサポートをご提供いたします。
 遺産相続に関するお悩みがある方は、ぜひ一度ご相談ください。
 下記のお問い合わせフォームより、あなた様からのお問い合わせを心よりお待ちしております。

 シャルル株式会社では、このような知識を身に付けるために、相続勉強会を開催しております。
 ぜひ知識を身に付け、ご自身のために、そして愛するご家族のために最適な方法を見つけませんか?

<相続勉強会>

お問い合わせフォーム

    ■お名前(必須)

    ■メールアドレス(必須)

    ■電話番号(必須)

    ■ご用件(必須)













    ■ご希望の日時(必須)
    オンラインでのご相談・セミナー、お電話しても良い日時をお選びください。

     ●第1希望

     ●第2希望

     ●第3希望

    ■お問い合わせ内容(必須)
     お悩みごとやお困りごとをご入力ください。

     引き続き、シャルル株式会社をよろしくお願い申し上げます。

    お知らせ情報カテゴリの最新記事