結婚相談・人生相談のお問い合わせはここをクリック!

親の財産を巡る不仲な兄弟姉妹の事例

親の財産を巡る不仲な兄弟姉妹の事例

 親の財産を巡る不仲な兄弟姉妹の問題は、時折見かけることがあります。
 本コラムでは、そのような状況を避けるために必要な知識と対策を紹介いたします。

1. 親の財布に入り込む子供たち

 親の財産を巡るトラブルの一つに、親の財布に入り込み、無断でお金を使ったり情報を操作したりする子供たちがいます。
 親に近い場所にいる子供たちは、相続において有利な立場に立つことが多いです。

1.1. 親への接し方の違い

 親を心から心配し、財産に関係なく世話をする子供もいれば、親の健康が悪化するや否や親に近づいてくる子供もいます。
 親としては、全ての子供は平等であるべきですが、親を心配し、献身的に世話をする子供が一番だと考えるのは理解できます。
 一方で、子供としては、親が子供の中で誰が一番と思っているかを理解するのは容易ではありません。

1.2. 無断での財産管理

 親の金銭管理を任されている場合、必要以上に親の口座からお金を引き出したり、その使途が不明であったりすることがあります。
 親が認知症などの場合、その事実に気づかないこともあります。
 また、親が知りたくない情報を与えることもあります。

 例えば、「●●(←他の兄弟姉妹の名前)は全く家に帰ってこない。お母さんのことをよく思っていない」といった情報を親に伝えることで、親はその言葉を信じ、「そうだね」と納得してしまうことがあります。
 このような場合、親に近い場所に住む子供たちは親の財布に入り込み、関係やお金を操作することができます。

1.3. 連絡と帰省の重要性

 親の近くにいない場合でも、定期的に連絡を取り、できるだけ頻繁に実家に帰省して顔を見せることが大切です。
 親との関係を良好に保つことで、不測の事態に備えることができます。

2. 親に孫を養子縁組させる兄弟姉妹

 結婚と同様に、養子縁組も市役所に一つの届け出をするだけで可能です。
 親の戸籍を確認した際に、知らないうちに兄弟姉妹の子供が親に養子縁組されていたことが判明することがあります。

2.1. 認知機能の低下した親

 認知機能が低下している親が本当に養子縁組を理解していたかどうかは分かりませんが、無理やり手続きを進められた疑いがあることもあります。
 親が亡くなった後では、事実確認もできず、養子縁組が無効であると主張するのは非常に困難です。

2.2. 養子縁組の防止策

 他の兄弟姉妹が親に子供を養子縁組させることを防ぐ手立てはありませんが、認知機能が低下している親を持つ人は警戒が必要です。
 親がよく理解していないうちに養子縁組をさせることが可能であることを覚えておきましょう。

3. 遺言を作成させる

 兄弟姉妹が不仲である場合、親の財産分割において合意が得られないことがあります。
 そのため、遺言を作成することが非常に重要です。
 しかし、それぞれの子供が自分に有利な遺言を親に作成させようとすることがあります。

3.1. 遺言の有効性

 遺言は公正証書であっても自筆証書であっても、最新の日付の遺言が(欠陥がなければ)有効です。
 認知機能が低下している親を持つ人は、注意が必要です。
 親がよく理解していないうちに遺言を作成させることがないようにしましょう。

4. 兄弟姉妹が仲良くすることの重要性

 相続において、兄弟姉妹が仲良くすることが最善ですが、どんなに仲が良くても相続の際には必ず争いや論争が起こります。
 すでに関係が絶たれている兄弟姉妹もいるかもしれません。

4.1. 不測の事態に備える

 親の相続が発生した後、予期せぬ事態が明らかになることがよくあります。
 親とのコミュニケーションを取り、不測の事態に備えるための対策を講じ、専門家に相談することをお勧めします。

シャルル株式会社人生相談所と相談する重要性

 相続に関する問題は非常に複雑で、感情的な要素も絡むため、専門家のサポートが不可欠です。
 シャルル株式会社人生相談所は、豊富な経験と知識を持ち、あなた様のご家族の状況に最適な解決策をご提供いたします。
 相続に関する問題を未然に防ぎ、家族の和を保つためにも、ぜひ一度ご相談ください。

 シャルル株式会社人生相談所は、あなた様のご家族の未来を守るための強力なパートナーです。
 親の財産を巡るトラブルを避けるためにも、今すぐ専門家に相談して、安心して相続を迎えませんか?
 下記のお問い合わせフォームよりあなた様からのお問い合わせを心よりお待ちしております。

 シャルル株式会社では、このような知識を身に付けるために、相続勉強会を開催しております。
 ぜひ知識を身に付け、ご自身のために、そして愛するご家族のために最適な方法を見つけませんか?

<相続勉強会>

お問い合わせフォーム

    ■お名前(必須)

    ■メールアドレス(必須)

    ■電話番号(必須)

    ■ご用件(必須)













    ■ご希望の日時(必須)
    オンラインでのご相談・セミナー、お電話しても良い日時をお選びください。

     ●第1希望

     ●第2希望

     ●第3希望

    ■お問い合わせ内容(必須)
     お悩みごとやお困りごとをご入力ください。

     引き続き、シャルル株式会社をよろしくお願い申し上げます。

    お知らせ情報カテゴリの最新記事