結婚相談・相続相談のお問い合わせはここをクリック!

ロレックス時計と高級品市場:コロナバブルの影響と今後の展望を解説

ロレックス時計と高級品市場:コロナバブルの影響と今後の展望を解説

 こんばんは、シャルル株式会社です。
 ロレックス時計の魅力に心を奪われる方々や相続に関わる方々へ向けて、高級時計市場の興味深い動向をご紹介いたします。
 コロナバブルの余波とクレジットイベントの可能性が、今後の市場展望に影響を与えている中で、冷静な判断が求められています。
 ロレックス指数という中古市場価格を示す指標は、高級時計愛好者にとっては重要なポイントです。
 コロナバブルによる市場急騰の後、昨年から下落傾向が続き、最高値からの下落率は30%近くに達しています。
 スイスの高級時計メーカーであるパティックフィリップの価格下落はロレックスを上回り、市場の変化を如実に物語っています。
 高級時計市場全体の規模は2021年に約11兆円に達し、そのうち中古高級時計市場は3.2兆円を占めています。
 最近の下落率を考慮しても、ロレックス指数は5年前に比べて55%も上昇し、安定したパフォーマンスを見せています。
 特にパンデミック以降、他の高級品と同様にロレックス価格も上昇しましたが、昨年からの下落は高級時計バブルの崩壊によるものです。
 このバブルとは、金余りによる資産インフレの一例です。
 供給不足の商品ほど価格が高騰し、高級時計市場もその例外ではありません。
 アメリカでは全ての資産が高騰し、バブルの終焉には金融引き締めが必要です。
 FRBの金融引き締め政策がロレックス価格の下落に影響を与えています。
 2021年と2022年はラグジュアリーブランドにとって歴史的な年でした。
 モエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトン(LVMH)は時価総額ベースで最も大きいラグジュアリーブランドとなり、オーナーのベルナール・アルノー氏は世界一の富豪となりました。
 しかし、LVMHやバーバリーなどの株価も下落しており、金融引き締めの影響が色濃く出ています。
 高級品は利益率の高さから景気後退に強い一面を持っていますが、デフレ局面では市場が縮小し価格も下がる可能性があることを忘れてはいけません。
 高級時計市場が新たな局面を迎えている中、ロレックス愛好者や相続に関わる方々は、将来の展望を冷静に見つめる必要があります。
 市場変化と金融政策の動向に敏感に対応し、賢明な判断をすることが大切です。
 時計の魅力は変わることなく続きますが、市場の流れにも目を光らせて、資産の運用を考えてみましょう。
 何でもご相談に乗りますので、こちらのお問い合わせフォームよりお問い合わせください。
 ぜひ、あなた様を弊社にお世話させていただけませんでしょうか?

 引き続き、シャルル株式会社をよろしくお願い申し上げます。

お知らせ情報カテゴリの最新記事