結婚相談・相続相談のお問い合わせはここをクリック!

エネルギー危機!ペルシャ湾の新紛争と日本の未来:ホルムズ海峡封鎖の影響と外交戦略

エネルギー危機!ペルシャ湾の新紛争と日本の未来:ホルムズ海峡封鎖の影響と外交戦略

 最近、紅海とペルシャ湾で新たな紛争が勃発しました。
 その中でペルシャ湾では、イランが外国籍の船舶を捕まえて、その後、米国がこれを没収しました。
 その船舶は名前を変えて運行されていました。
 オマーンで原油を積み込むために停泊していたところ、イラン革命防衛隊が船を引き取って、イランの港へと船舶が移動しました。
 これが少し問題があり、ペルシャ湾にあるホルムズ海峡が封鎖される可能性があることです。
 ホルムズ海峡は、イランやサウジアラビア、アラブ首長国連邦(UAE)などの産油国が面するペルシャ湾とオマーン湾の間に位置し、原油と石油製品のエネルギー供給の主要な経路です。
 それが日量約1700万バレルものエネルギー供給が行き交うこの海峡で、これが封鎖されたら世界におけるエネルギー供給の大動脈を直撃します。
 そうなると日本にとっても極めて重大な問題となり直接的な影響が出てきます。
 なぜなら、日本の原油の94.6%がペルシャ湾を経由しているからです。
 ホルムズ海峡が封鎖されれば、これは日本にとって致命的な影響をもたらすことでしょう。
 昔、1973年にあった第一次オイルショックのときには、日本の田中角栄首相がアラブに配慮した声明を出し、それによってなんとか禁輸リストから外れることができました。
 しかしながら、最近の2023年に発生したイスラエルとハマスの戦争や2024年のイエメンの空爆において、日本の岸田文雄首相はイスラエルを支持する姿勢を表明してしまいました。
 これにより、アラブ諸国との関係において仲が悪くなるかもしれない疑念の声が上がっています。
 なぜなら、アラブとイスラエルは仲が悪いことで知られているからです。
 アラブの敵と見なされないよう、これからの外交政策では日本政府は慎重な外交戦略を展開する必要があります。
 アラブの国々とのつながりを守りつつ、国際的な紛争に巻き込まれないようにしなければ、エネルギー供給の問題だけでなく、外交的なトラブルにも巻き込まれかねないことにもつながります。

 石油が日本に入ってこなくなると、日本の産業は衰退してしまいます。
 アラブ諸国の石油が必要であることが分かっているにも関わらず、アラブの敵であるアメリカの味方をしているのが日本です。
 まずはご自身だけでもなんとか資産を蓄えるようにしておくべきであると考えております。
 資産運用のご相談はいくらでも乗りますので、まずはあなた様のお悩みを解決させてください。
 下記のお問い合わせフォームよりお問い合わせいただければと思います。
 あなた様からのお問い合わせを心よりお待ちしております。

 引き続き、シャルル株式会社をよろしくお願い申し上げます。

お問い合わせフォーム

    ■お名前(必須)

    ■メールアドレス(必須)

    ■電話番号(必須)

    ■ご用件(必須)









    ■ご希望の日時(必須)
    オンラインでのご相談・セミナー、お電話しても良い日時をお選びください。

     ●第1希望

     ●第2希望

     ●第3希望

    ■お問い合わせ内容(必須)
     お悩みごとやお困りごとをご入力ください。

    お知らせ情報カテゴリの最新記事