結婚相談・人生相談のお問い合わせはここをクリック!

生命保険はいらない?選択次第で相続税対策ができます!

生命保険はいらない?選択次第で相続税対策ができます!

はじめに

 相続の業界には生命保険会社も含まれています。
 そして、生命保険会社、銀行、証券会社は、お客様を獲得し続ける機会として遺産を活用しています。
 なぜなら、移転される資産の規模(金額)が非常に大きいためです。
 特に生命保険会社は重要な役割を果たします。
 それは、人の死(遺産)に最も密接に関連しているためです。

有効な生命保険の使い方

 多くの金融商品の中で、生命保険は相続(税)対策に役立つ唯一のものです。
 死亡保険金と死亡退職金の非課税枠を活用したり、税金の戦略や遺言による金銭の割り当て、残された資産の戦略などがあります。
 会社の相続(事業承継)には、遺産の管理が欠かせません。

相続税対策

 相続税を処理する基本的な方法は3つあります。
 ①終身保険を契約すること。
  死亡給付の非課税枠をすべて埋めることが大切です。
 ②生存中に贈与すること。
  お金の代わりに生命保険を贈与することができます。
 ③不動産を購入して所有すること。
  銀行融資と相続税評価の圧縮がさらに効果的です。

死亡保険金の非課税枠

 死亡保険金の非課税枠は使い切りましたか?
 法定相続人数×500万円=非課税枠となります。
 もしあなた様が相続税対象者である可能性が高い場合(例:一戸建て所有者など)、チラシや資料を提示しながら「終身保険の非課税枠を使い切りましたか?」と尋ねられると思います。
 保険に入ることを躊躇する必要はありません。
 実は、相続税対策は、特に事業主(富裕層の所有者)にとって大きな影響を与える可能性がありますが、基本的な対策(非課税枠)を知らないことがあります。
 また、これはあなた様の前任者(両親)の保険契約にも関連しています。
 非課税枠を使い切りたいけれども、「年齢が〇〇歳で加入できない…」と感じている場合、〇〇歳まで加入できる保険商品があります。
 また、「健康上の理由で加入できない…」と感じている場合、通知や健康診断なしで加入できる保険商品もあります。

死亡退職金の非課税枠

 死亡退職給付の非課税枠を使い切りましょう。
 死亡保険金と死亡退職金の非課税枠は別です。
 法定相続人数×500万円=非課税枠となります。
 これは、会社の社長が一生を通じて会社にとどまることが多いためです。
 保険金を受け取る法人が社長の生存家族に死亡退職金を支払うことができます。
 個人と事業主の両方が終身保険に加入することで、家族にもっとお金を残すことができます。

どんな方が対象?

 この提案は、次のような方々に向けられています。
 ①企業経営者→非課税枠について知らない人が多くいます。
  さらに、資金もあります。
 ②地主→裕福な人々ですが、多くの人が富裕ではありません。
  つまり、相続税を支払うことができません。
  さらに、共同名義で不動産を相続すべきではありません。

 遺言書の作成から保険の提案まで、この提案はどのような人に適しているのでしょうか?
 すべてのご家族が対象です。
 例えば、独身者、子供のいないカップル、複数の子供、寄付したい人、兄弟が相続人などが挙げられます。
 この遺言作成の提案は、相続に関する紛争がなく、あっても解決が容易な特徴を持っています。
 これは、終身保険の提案にもつながります。

 これ以上詳しく説明しますと、理解することが面倒になると思いますので、これから先のことは、個別で無料オンライン相談でお話しましょう。
 あなた様にとって最適なご提案をさせていただきます。
 また、弊社は保険の代理店でも司法書士でもありませんので、保険の押し売りもしませんし、公正証書遺言を作成させることもいたしませんので、ご安心してご相談くださいませ。
 下記のお問い合わせフォームより、あなた様からのお問い合わせを心よりお待ちしております。

 引き続き、シャルル株式会社をよろしくお願い申し上げます。

お申し込みフォーム

    ■お名前(必須)

    ■メールアドレス(必須)

    ■電話番号(必須)

    ■ご用件(必須)











    ■ご希望の日時(必須)
    オンラインでのご相談・セミナー、お電話しても良い日時をお選びください。

     ●第1希望

     ●第2希望

     ●第3希望

    ■お問い合わせ内容(必須)
     お悩みごとやお困りごとをご入力ください。

    お知らせ情報カテゴリの最新記事